Anymmt.blog

日々の出来事とプログラミング・・・

C# UpdatePanelにTriggersを動的に追加する方法

まずはUpdatePanelに静的にトリガーを設定する方法です。

UpdatePanelのプロパティから設定を行います。

UpdatePanel1のPostBackTriggerにButton1を設定した場合、aspxファイルは以下のようになります。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
    <title></title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    <asp:ScriptManager ID="ScriptManager1" runat="server">
    </asp:ScriptManager>
    <asp:UpdatePanel ID="UpdatePanel1" runat="server">
        <ContentTemplate>
            <asp:Button ID="Button1" runat="server" Text="Button" />
            <asp:Button ID="Button2" runat="server" Text="Button" />
        </ContentTemplate>
        <Triggers>
            <asp:PostBackTrigger ControlID="Button1" />
        </Triggers>
    </asp:UpdatePanel>
    </form>
</body>
</html>

14~16行目のTriggersのところにButton1が設定されます。

このPostBackTriggerを動的に追加したい場合、ScriptManagerのRegisterPostBackControlメソッドを利用して、ポストバックのコントロールを設定する必要があります。

//<asp:PostBackTrigger ControlID="Button2" />と同様の動作をする。
this.ScriptManager1.RegisterPostBackControl(this.Button2);

ScriptManager.RegisterPostBackControl メソッド

UpdatePanel コントロール内でポストバック コントロールをトリガーとして登録するには、RegisterPostBackControl メソッドを使用します。 このメソッドで登録されたコントロールは、UpdatePanel コントロールのコンテンツのみを更新するのではなく、ページ全体を更新します。 UpdatePanel コントロールの外部でこのメソッドを使用してポストバック コントロールを登録しても、これらのコントロールは既定では非同期ポストバックを実行しないため、影響を及ぼしません。

ちなみに、RegisterPostBackControlメソッドを使用して設定した場合、ポストバックの処理が発生するたびに設定がクリアされます。

必要に応じて、RegisterPostBackControlメソッドを実行する必要があるので注意してください。


, , ,

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。