Anymmt.blog

日々の出来事とプログラミング・・・

ODBCのユーザーDSNとシステムDSNの違いについて

ODBC設定時の「ユーザーDSN」と「システムDSN」の違いについて書いておきます。

ユーザーDSNとは

ユーザーごとのDSNになります。(そのまま?笑)

複数のユーザーアカウントをわけてパソコンを使用していた場合、他のユーザーが登録したDSNは使用できません。

システムDSNとは

全てのユーザーが使用できるDSNになります。

ユーザーDSNと違い、どのユーザーアカウントでも使用できます。

その代わりアドミニストレーター権限のあるユーザーしか登録できません。

また、システムDSNの場合、32bitパソコンか64bitパソコンかにより、設定方法が異なります。

32bitの場合、「C:\WINDOWS\System32\odbcad32.exe」からODBCを起動して、設定します。

64bitの場合、「C:\WINDOWS\SysWOW64\odbcad32.exe」からODBCを起動して、設定します。

管理ツールから起動した場合、32bit版が起動するので64bitパソコンを使用してる場合、注意が必要です。

ユーザーDSNについては、どちらに設定しても共通の設定になるようです。

32bitと64bitの設定については、Microsoftのサイトにも記載があります。

ちょっと変な日本語訳になってる感じですけどね。


, , , ,

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。